掛川スズキ塗装

静岡県 掛川市 袋井市 菊川市 磐田市 森町 島田市 牧之原市 御前崎市 浜松市 外壁塗装 屋根塗装工事                       

HOME >  塗替えリフォーム  > 外装リフォーム

屋根リフォーム

屋根漆喰工事

瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。
漆喰が痛んでしまうと接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。
漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。
状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。
  • 葺き替えに比べ、工事期間が短く経済的
    屋根の痛みが激しく、塗装不可能の場合はカバー工法をお薦めします。
    カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根を撤去せず、その上に屋根材をかぶせる方法です。屋根材にサビやヒビが目立つものの、下地は傷みが少ない場合などに適しています。採用できる屋根材は、スレート、金属系、アスファルトシングル、アルミダイカスト瓦などです。
    カバー工法のメリットは、葺き替えに比べ工事期間が短く、費用が抑えられる点です。
    また、既存の屋根を解体しないので廃材が出ず、環境にやさしい方法といえるでしょう。さらに屋根材が二重になるので、断熱性、遮音性も高まります。
    デメリットは、屋根が二重になるので、現状より屋根が重くなることです。大抵の場合は大丈夫ですが、念のために建物の強度や耐震性を十分チェックし、できるだけ軽い屋根材を選ぶことが大切です。

  • before

    Before

  • after

    After

  • アスベスト対策にもなるカバー工法
    カバー工法は、最近、社会問題になっているアスベスト対策に対応する方法として用いられています。昔のスレート屋根にはアスベストが含まれているものが多く、不用意に解体すると粉じんを飛散させてしまいます。カバー工法なら屋根を解体しないので、アスベストが飛散せず近所迷惑になりません。
    リフォーム工事の手順は、既存屋根の上に防水シートを張り、屋根材の下に並べる垂木(たるき)を一定間隔で釘止めした後、新しい屋根材を設置します。下地が腐って釘が打てない場合は、補修が必要になります。また、小屋裏の換気が十分でないと結露が発生するので、棟から空気が抜けるように換気工事もしておくことが大切です。

  • before

    Before

  • after

    After

屋根の葺き替え工事

屋根材や下地材を一新。住まいの耐久性を向上させる葺き替え
屋根材はもちろん下地まで傷んでいる場合や、既に雨漏りをしている場合は、下地のやり直しも含めて葺き替えをおすすめします。葺き替えとは、既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に替えることです。すべての屋根材に対応できます。
葺き替えのメリットは、屋根材の下の防水シートや、桟木、下地材まで一新できるので、建物自体の耐久性が向上することです。また、屋根リフォームのついでに換気扇や天窓などを設けることもできます。 逆に、施工期間が長くなり、費用がかさむことは難点ですが、住まいの耐久性が向上するので長期的に考えれば経済的といえるかもしれません。
  • before

    Before

  • after

    After

  • 雨樋交換

    雨樋が破損していると、雨天時に同じ箇所からダラダラと雨水が落ちてきて、玄関への出入りがしにくい、一番重要な事は外壁や屋根部分を傷めしてしまう事になりかねません。枯葉が詰まっていたりしていても同様な事が言えます。その為に雨樋は必要不可欠な物です。
    雨樋を交換するだけで、家の感じも多くイメージチェンジする事も出来ます。

  • 破風板や鼻隠し部分が木製の場合は、どんな良い塗料を何回塗っても、腕の良い職人さんが塗っても、外壁よりもどうしても劣化が早く傷んでしまいます。
    その為足場を組んだ塗替えと一緒に、板金を被せた方が得策とも言えます。