掛川スズキ塗装

静岡県 掛川市 袋井市 菊川市 磐田市 森町 島田市 牧之原市 御前崎市 浜松市 外壁塗装 屋根塗装工事                       

HOME >  こだわりの塗料/価格表  > ファイン4Fセラミック

ファイン4F セラミック

「4フッ化フッ素セラミック」の世界

  • 「フッ素」は20世紀の発明物質

    最近よく耳にする「フッ素」という言葉を辞書で改めて引くと「元素記号F、原子番号9、原子量19.00、淡黄緑色の気体。刺激性の臭気をもち、猛毒。化合力が強く、ほとんどすべての元素と直接化合する」などと、一般ではなかなか理解できない説明がなされています。
    ところが「フッ素樹脂加工」と聞けば、今や主流となり始めた“焦げつかないフライパン”の代名詞になっているほど、私たちの暮らしに大きく貢献している物質なのです。
    この「フッ素」―実は“20世紀の大発明”と言われているように、鉱物の「ホタル石」から発見されてまだ日が浅く、その可能性は未知といっても過言ではありません。

  • 「フッ素」の魅力(特性)とは?

    前述のように、フッ素は、様々な元素の中でも最も反応性の強い元素です。
    単体のフッ素(F2)は他の元素と出会うと、たちまちに強い反応を起こし、ガラスや貴金属をボロボロにしたり、水と出会っても炎を上げて燃え始めるなどの結果をもたらします。
    これほど激しい性質を持つフッ素ですが、逆もまた真なりで、様々な元素と結びつき、多様な性質をもった化合物に変身することができるのです。
    この特性を活かして開発されたのが「フッ素樹脂」。
    フライパンに応用される非粘着性だけでなく、耐薬品性を活かして科学プラントのパッキンに使われたり、耐熱性を利用して自動車のブレーキパッドやベアリングパッドに活用されたり、耐候性や難燃性を活かして外装材や電源の被覆などにも応用されています。

  • 塗料にも応用された「フッ素樹脂」

    塗料にも応用された「フッ素樹脂」

    塗料の世界も、このフッ素樹脂のもつ特性である「非粘着性」「耐薬品性(酸性雨に強い)」「低摩擦性(雪などが滑り落ちやすい)」「耐候性(紫外線に侵されにくい)」「難燃性(火に強い)」などに注目。現在、外装塗料としてフッ素樹脂塗料が開発され、実用化されています。

  • さらに進化させた「ファイン4Fセラミック」

    しかし、発展途上にあったフッ素樹脂塗料に新たな挑戦が求められました。より強じんな性能を持ち耐候性に優れ、環境にも配慮した塗料の開発―そして生まれたのが「ファイン4Fセラミック」(4フッ化フッ素セラミック変性樹脂塗料)です。
    それまでは3Fタイプと呼ばれる3フッ化フッ素樹脂が主流。しかし、塩素原子による劣化の弱点が見られ、それを防ぐため、塩素原子の替わりに、もう一つのフッ素原子とセラミック変性樹脂(無機系)を加えるという画期的な発想を塗料技術に活かした結果、3フッ化フッ素の弱点を見事に克服できたのです。(下図参照)。
    ここに、従来の3フッ化フッ素樹脂(3F)の性能をはるかにしのぐ世界初の「ファイン4Fセラミック」が誕生し、進化する次世代塗料として注目され始めたのです。

さらに進化させた「ファイン4Fセラミック」

超耐久性能

  • 過酷な気候条件をクリアする超耐久性能。

    劣化促進試験機で塗膜に強い紫外線を与える試験では、従来の一般フッ素樹脂塗料と比較しても、ファイン4Fセラミックは非常に耐久性が高いことがわかります。

  • 外壁劣化進行図

    外壁劣化進行図

    塗替えは、時期を誤ると美観上の問題だけでなく、下地まで痛めてしまい、財産価値が低下し本格的な改修工事までが必要になります。早め早めのお手入れが大切です。

    注)劣化現象は、一般的な順位です。また、軽微な現象から著しい状態へ変化していきます。環境や素材種などにより、素材の割れや漏水などが塗膜劣化より先に起こる場合もあります。

  • ここまで差が出る、ファイン4Fセラミックのライフサイクルコスト。

    常温乾燥形フッ素樹脂塗料は数ある塗料の中でも高い耐久性を発揮しています。高機能塗料として、超高層建築や公共性の高い大型建築など改修工事が困難な場面に主に利用されています。
    フッ素樹脂塗料に求められているのは、耐久性・低汚染性のさらなる向上です。
    ファイン4Fセラミックは、建物のメンテナンス時期の延長・洗浄コストの低減を可能にし結果的に建物のライフサイクルコストを削減させることにつながるのです。
    このことは環境負荷の軽減にもつながります。

  • 建物の塗替え時期にみるライフサイクルコスト比較

    建物の塗替え時期にみるライフサイクルコスト比較

    ※一般的な建物(住宅)の寿命を40年とした場合。
    ※上記の塗り替え周期はあくまで概算であり、建物(住宅)の立地や形状、素材の性質によって異なります。
    ※東京・大阪などの、日本の一般的気候条件をベースに割り出しています。
     北海道・東北・北陸・山間部などの気候条件が厳しい地域や、沖縄などの紫外線強度の高い地域などでは、臭気が短くなります。
    ※外壁塗装の場合
    ※「塗り替え推奨時期」は、左記の外壁劣化進行図をもとに算出しています。

超低汚染

  • 塗膜と汚染物質のモデル図

    雨すじ汚れを徹底して防ぐ抜群の親水性

    構造物の垂直面に現れる雨すじ状の汚れは、構造物の上部に水平面や突起物等があり、その上に塵埃・ほこり等が推積し降雨時に汚濁水となって垂直面を流れ落ち、その時に汚れ物質(特に親油性の汚れ)が塗膜に付着する事で生じます。
    この雨だれ汚染を防ぐには塗膜表面を徹底的に親水性(水濡れ性の高い状態)にすることが有効であることが分かっています。
    ファイン4Fセラミックの塗膜は従来の塗料の塗膜に比べ高いレベルの親水性(水濡れ性の高い状態)を示します。

  • 水濡れ性の指標

    「汚れを雨で流れ落とす」という発想。

    雨だれ汚染を防止するには塗膜表面を水に濡れやすくすることが最も有効です。
    水に濡れやすくなることで、カーボン等の親油性の物質が付着しにくくなるのと同時に雨水がかかったときに、付着した汚れが雨水といっしょに取れるのです。

thermo eye

何とかしなくちゃ!地球温暖化とヒートアイランド現象。

  • 地球温暖化は、今世紀最大の困りごと。

    地球温暖化の主な原因と言われる温室効果ガス。これは人間の経済活動によって発生したCO2などが熱を貯めこみ、地球全体を温室のように温めてしまうもの。このまま温暖化が進むと、平均海面水位の上昇や異常気象が発生したり、自然生態系にも影響が及んでしますと言われています。

  • 真夏の都心は、まさに加熱アイランド。

    ヒートアイランド現象とは、ビルやアスファルトなどの蓄熱やエアコンや自動車の人工排熱などにより、都心部の気温が郊外より高くなる現象のこと。この対策として、建物の断熱化や省エネ化、エアコンなどの効率化、屋上緑化などが推進されています。

遮熱のメカニズムMechanism of solar reflective paint

  • 遮熱のメカニズム

    家の中の温度はこうして決まる。

    室温の温度を上昇させるのは、気温や日射からくる熱。そして、太陽の角度や風の強さ、屋根の素材・色によって温度上昇率は変わります。
    また、電化製品の稼働率や人・モノの多さ、換気やエアコンなども温度を左右する大きな要因。

    このようなさまざまな条件で、家の中の温度が決まるのです。

  • 熱は貯めずに、しっかり反射

    太陽の光エネルギーは、屋根に当たって熱エネルギーへと変化し、屋根の温度を上昇させます。この熱が家の中でも伝わると、室内の温度も高くなっていきます。遮熱塗料はこのメカニズムに注目し、太陽光を多く反射することで、屋根の温度上昇を最小限に抑えてくれるのです。

  • 屋根の温度上昇をストップ!

    遮熱塗料の役割は、太陽光による赤外線をしっかりと反射させること。右のグラフは、同じ色の従来塗料と遮熱塗料の反射率を比べたものです。遮熱塗料はより多くの赤外線を反射するため、その分の熱エネルギーの吸収を抑え、屋根の温度上昇を防ぐ効果があるのです。

遮熱塗料に塗り替えるメリットは?What is the merit to solor reflective paint?

遮熱塗料に塗り替えるメリット

サーモアイの3つPoint!Three points of THERMOEYE

  • 遮膜トータルで反射率UP!

    サーモアイシリーズでは、反射率を向上させるため、下塗りにも高い反射性能をプラスしました。 上塗りと下塗りの遮膜全体で遮熱効果を発揮します。 また上塗りには「赤外線透過混色」技術を採用。上塗り層で反射できない赤外線をなるべく吸収させずに透過させることで、下塗りの反射性能を最大限に発揮します。

  • 幅広いラインアップ。

    サーモアイシリーズでは、耐久性の異なる上塗り塗料、サーモアイ4F・サーモアイSi・サーモアイUV、サーモアイ1液Si・サーモアイ水性Si、下塗りにもストレート屋根用のサーモアイシーラー、金属屋根用のサーモアイプライマーとニーズに合わせて幅広い商品をご用意しています。

  • 家回りの色んな場所で活躍。

    サーモアイシリーズは、屋根部分はもちらん家まわりのさまざまな場所に塗ることができます。例えば、玄関先に塗装すればペットや観葉植物にも安心。屋上のコンクリートテラスに塗れば、小さなお子様も裸足で遊んでいただくことができます。 ※路面・床用のサーモアイロードに関してはWEBサイトで詳細をご覧ください。

遮熱の不思議Q&A

どんなところで使えるの?

  • Answer

    遮熱塗料は、戸建住宅だけでなくビルやマンション、道路や工場、公園の遊具など、さまざまな場所に塗ることができます。遮熱の範囲がどんどん広がれば、地域全体で地球温暖化やヒートアイランド対策に貢献することができるのです。

太陽熱高反射塗料と断熱材ってどこがちがうの?

  • Answer

    同じような効果があるように見えますが、実は意味あいが違います。遮熱は、太陽の光エネルギーを鏡のように反射することで、熱を発生しにくくする技術のこと。いっぽう断熱は、断熱材を布団のように分厚くして、熱を伝わりにくくする働きをもちます。

遮熱すると、冬場は屋根の温度が下がって損をする?

  • Answer

    夏の日射エネルギーを最大1000W/㎡とすると、例えば日射反射率50%の塗料の場合、500W/㎡の熱エネルギーを受け取ります。しかし、冬の日射は最大でも400W/㎡程度なので、受け取る熱エネルギーは200W/㎡。年間で考えると500W/㎡分お得で、冬に200W/㎡分損をしていることになるため、差し引き300W/㎡分おトクです。(分りやすさのために、単純化しています。)

鈴木からのひとこと!

       フィアイン4F セラミック(4フッ化フッ素変性樹脂塗料)は
       創業130年の天下の日本ペイントさんが「神話」と言われるくらい
       自信を持って世の中に送り出した商品。
       130年の歴史が物語る日本ペイントが誇る最高峰塗料です。

       掛川スズキ塗装は平成24年度フィアン4F セラミック及び、
       サーモアイ フッ素の販売実績において、
       静岡県西部地区 施工実績NO1となりました。
  • 日本ペイント販売の古市さん

    日本ペイント販売の古市さん 「日本ペイントの塗装なら地元での実績が有る、掛川スズキ塗装さんがお薦めですよ!」